MENU

〒399-4392
長野県上伊那郡宮田村98 番地
(宮田村役場 産業振興推進室 商工観光係)

電話:
0265-85-5864
FAX:
0265-85-4725

午前9時~午後5時15分
(土日祝日、年末年始は
受付窓口をお休みとさせていただきます)

信州みやだ観光ガイド TOPへ戻る

ライチョウ保護活動

木曽駒ケ岳
ライチョウ保護活動

2018年、7月に中央アルプスで発見されたライチョウ。
そこから前代未聞のチャレンジともいわれている「中央アルプスにおけるライチョウ野生復帰実施計画」が実施されています。(環境省主体)

人の手によって永続的に繁殖可能な個体群をよみがえらせるため

・ケージ保護

・動物園にて繁殖させ個体群増加

などが行われています。

ケージ保護とは、木枠と金網で作ったケージで保護する方法で高山のライチョウ生息地に設置し、母鳥とヒナを家族ごと守るという仕組みです。この方法で、天敵から襲われることを防ぎ、高山での低温からヒナを守ることができます。
このケージ保護が現在、「中央アルプス」ですでに開始されています。

保護活動従事者は写真のようにオレンジ色のビブスを着ています。

↑遠くにライチョウが!!
ケージ保護ではないライチョウに偶然出会えることも!!

~ライチョウを守るために~
・中央アルプスで見かけた際はそっと見守ってあげて下さい!(ライチョウが驚いてしまいます)
・山に食べ物・ゴミを捨てないでください。

お知らせ一覧にもどる