【TV放送情報】駅前テレビの中で『宮田村』の紹介があります

長野朝日放送「駅前テレビ」の、もっと!信州77というコーナーの中で宮田村が紹介されます。

「アサギマダラの里」や「南信州ビール」などなど。

ぜひご覧ください。

 

 

■日時:9月29日(土)午前9時30分~午前11時00分

■番組名:駅前テレビ

■チャンネル:5チャンネル(abn 長野朝日放送)

 

CM情報

皆さん、「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー) ビターエナジー」のCMはご覧になりましたか。三浦大知さんが出演しているCMですが、このCMのロケ地は宮田村にある中央アルプスの伊那前岳、不動滝、こもれ陽の径です。ぜひ注目頂きご覧ください!

■CM動画はコチラ ⇒ 南アルプス PEAKERビターエナジー特設サイト

9月23日(日)馬と一緒に清流ウォークが開催されました。

村内外、県外からもご参加いただき、宮田村の「こもれ陽の径」を木々の爽やかな香りと清流の流れを感じながら、馬と一緒に自然を満喫しました。

 

まず始めに馬の「ビンゴくん」にごあいさつ。今日はよろしくねぇ~

 

途中、アサギマダラフェスティバルが開催されていたアサギマダラの里へ立ち寄りました。

フジバカマの花×アサギマダラ×馬のコラボレーションが、とてもステキでした。

 

木々の香り、清流の流れる音、馬の足音を感じながらのウォーキング。

 

乗馬も体験。

 

中央アルプスは紅葉が始まっていますが、麓が色付くのはこれからです。

 

南アルプスを望みながら...大田切川沿いを散策。

 

赤そば畑「高嶺ルビー」の絨毯がとても綺麗でした。

 

黒川の清流

 

黒川沿いの草花

 

黒川沿いの草花

 

最後に記念撮影。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

 

中央アルプスの雪解け水が流れる清流(黒川)沿いを、森の木々の爽やかな香りに包まれて、清流の流れを感じながら馬と一緒にゆったりと散策してみませんか。イベント当日は、宮田村商工祭やアサギマダラフェスティバルも開催されますので1日お楽しみください。

 

【日時】2018年9月23日(日) 午前8時00分~11時15分

【場所】宮田村「こもれ陽の径」

【ウオーキングコース】こもれ陽の径~太田切川(往復約5㎞)

 

イベント詳細ここをクリック⇒ 馬と清流ウォークイベントチラシ

 

【募集内容】----------------------

【申込期限】2018年9月20日(木)締切  ※定員に達し次第締切

【定員】20人

【参加費】200円(保険料・休憩時のおやつ代として)

【持ち物】飲み物、タオル、レジャーシート

【服装】歩きやすい服装

【集合場所】午前8:00 宮田村造林班事務所駐車場(宮田村1936-1)

※目印:(株)北川製菓北側(宮田村1934-5)

 

【申込・問合せ先】宮田村役場 産業振興推進室 商工観光係

TEL 0265-85-5864  FAX 0265-85-4725

E-mail sangyo@vill.miyada.nagano.jp

中京圏にお住まいの方に朗報です!

㈱パーソナルツアーズ様のご協力により、宮田村の魅力を再発見するバスツアーを開催します!

まずはいくつか魅力を抜粋してご紹介します(^_^)

 

 

美味しい豆腐は清らかな水から…水が豊富な宮田村の豆腐。

とうふ

(長野県知事賞を受賞している名品!)

 

 

身体障がい者の方を支える聴導犬・介助犬を育成する日本聴導犬協会本部。

もちりゃん

(社会のために日夜貢献!)

 

 

自然豊かな宮田村を肌で感じる森林浴。

DSC_0923a(清らかな清流と木洩れ日が心地よい…)

 

 

そしてそんな宮田村に飛来する美しい蝶、アサギマダラ。

DSC_1581a(美しいアサギ色…ちなみに新撰組の羽織の色もアサギ色です!)

 

その他、宮田村の魅力を多数再発見できるバスツアーとなっております。

 

ちなみに今回はお客様に体験を通じて魅力を感じていただきたいとの思いから、体験型のメニューでご用意させていただいてます!

ちなみにどんなものかというと…

 

①豆腐の手作り体験

②新鮮なアスパラの収穫体験

③地元産トマトを使ったケチャップ作り体験

④アサギマダラへのマーキング体験

 

などがございます(^_^)

体験を通じて、宮田村での思い出がかけがえのないものになれば幸いです(^_^)

 

ご興味のある方は是非ご検討くださいませ♪

詳細・申し込み先はチラシをご覧ください!

宮田村再発見ツアーチラシ

sanpo_1

  • ほとんど知られていない。でも自然をうまく残した美しい森林の小径
  • きれいな清流と横並びにひたすら続く散歩道
  • 混み合うシーズン中でも、人の気配はあまり感じず、自由に歩ける静かで穏やかな観光地
  • 周回コースではなく、さほど便利ではないけれども、折り返して歩ける二度おいしい空間

という素晴らしい環境を活かしきれていない観光スポットですが、ていねいに整備されていますからどうぞ。お車でお越しの方も、駒ヶ根市側から大田切川を渡ってくる皆さんも、まずは、宮田村「こまゆき荘」(日帰り温泉)をめざして来てください。到着したら「こまゆき荘」の方に「こもれ陽の径」入口をお尋ねください。(こまゆき荘前を東へ20m道沿に看板ありますけどね)

途中にはマレットゴルフ場(利用料+道具貸出400円)もあるんですよ。
帰ってきたら、こまゆき荘(温泉+名物丼1250円)でリラックス。

sanpo_2
こもれ陽の径西入口 道沿い看板
sanpo_3

すぐの橋、もう涼しい感じ

sanpo_4

川沿いの径

sanpo_5

ちょっと休めるところもある

sanpo_6

再び、橋を渡ります

sanpo_7

マレットゴルフ場内に小径があるようです

sanpo_8

再び橋発見。マレットゴルフのクラブハウスも見えます

sanpo_9

橋を渡って、山側にもマレットのコースが

sanpo_10

柵がなくなり自然な小径が続く

sanpo_11

清流の美しい撮影スポットはココかな~

sanpo_12

こんな標柱もあり

sanpo_13

おや、道路が見えて・・・

sanpo_14

いったん小径脱出。どちらへ行けば・・・

sanpo_15

道路に出てキョロキョロ、振り返ると

sanpo_16

中央エリア入口があります。ここから行けるのね

sanpo_17

再び川沿いに歩く。少し水量減ったような・・・

sanpo_18

清流の向こう側に何か見える、釣り堀かな?

sanpo_19

まだ続く径、清流はかなり深いところに・・・

sanpo_20

おっと階段の出現

sanpo_21

清流と横並び、だけどゴツゴツ大岩が積み重なってるところだな

sanpo_22

あれ、中央エリア口。ここから少し舗装の小径になるらしい

sanpo_23

舗装の径は、この時期ちょいと暑い

sanpo_24

ひたすら清流沿いに早歩き

sanpo_25

あの橋、間違いない!こもれ陽の径の舗装コース終了

sanpo_26

ここから東エリアかな?

sanpo_27

清流とともに歩きます

sanpo_28

とても穏やかなキモチになる

sanpo_29

木々のこもれ陽がとても美しいスポットかな

sanpo_30

なにか見えてきたような・・・

sanpo_31

東エリア口の案内看板ですね

sanpo_32

東エリアから下方(東側)を見る。

sanpo_33

ここに東エリアの看板がありますよ

sanpo_34

東エリア入口はこんな風景です。
どっちでも大丈夫です。往っても、復なくても。

komarebi_map

せせらぎ優しいこもれ陽の径
 自然散策にぴったりの「こもれ陽の径」は中央アルプスから流れ出た黒川沿いにある遊歩道です。
 豊かな水と美しい緑の小径、ふと足を止めて小鳥のさえずりを聞きながら気分をリフレッシュ。
 ふれあい広場からこまゆき荘まで径はのび、途中本坊酒造の工場見学やマレットゴルフをしながらゆっくり歩いてみてはいかがですか。

komorebinomichi_1
こもれ陽の径
komorebinomichi_2
こもれ陽の径

詳細画像はこちらから

komorebi_1 komorebi_2
東エリア 東エリア
komorebi_3 komorebi_4
中央エリア入り口 中央エリアに咲く山ぶき
komorebi_5 komorebi_6
西エリア入り口 西エリア
komorebi_7 komorebi_8
西エリアゲートボール場内 西エリア黒川

冬のこもれ陽の径

komorebi_9 komorebi_10
komorebi_11 komorebi_12
komorebi_13 komorebi_14
komorebi_15 komorebi_16
komorebi_17 komorebi_18
komorebi_19 komorebi_20
komorebi_21 komorebi_22

こもれ陽の径マップはこちらから

もっと見る
アイコンの説明

所要時間の目安です。
表示時間以上がおすすめです。

お子様と楽しめる施設・場所を
表します。

写真を撮る絶好の場所です。

温泉がある施設を表します。

宝剣山荘